Loading...

子ども達からの温かい想いがつくるサプライズ還暦パーティー | わ – 絆は世代を超えて

今年還暦を迎えるお父さん、お母さんへ、子ども達が贈る、同窓還暦パーティー。親同士の横の「わ」に、子ども達も加わって、さらに大きな「わ」になりますように。 Main Stage
Prologue

いま、ひとたびの再会を

同じ学園で育ち、一緒に還暦を迎える親たち。だから、あの頃の仲間をもう一度集めて皆で還暦をお祝いしたい。そんな子どもたちのあたたかい想いから、このサプライズ還暦パーティーは始動しました。

Chapter.1

親たちに届く謎の招待状

還暦を祝したパーティーを行うということと、パーティーの日時以外の情報が書かれていない「謎の招待状」が親たちの元に届きます。きっと子どもたちが企画しているのかもしれない。それ以上のことは分からないまま、ドキドキしつつ、当日を迎える親たち。まるで子どもの頃のようなワクワク感が、瞳を輝かせます。

Chapter.2

案内役は息子たち

パーティー当日。駅に集合した親たちの目に映ったのは「パーティー会場はこのまま真っ直ぐです」と書かれたボードを持った人物。それは、主催した子どもの中のひとりでした。親たちはボードの指示に従いながら会場に到着します。するとそこには「還暦パーティー」のタイトルが描かれたウェルカムボードが!

Chapter.3

フォトスペースとロゴ

会場内に入った親たちは、「おめでとう!」の祝福とともに子ども達に出迎えられ、サプライズパーティーが始まります。室内には、懐かしい写真がところ狭しと並べられたフォトギャラリーが!壁にはパーティーのロゴがデザインされたコンセプトボードが掲げられており、想像していなかった空間に驚きと喜びが込み上げます。

Chapter.4

あの頃の味

自分たちで料理を作り、食卓を囲んでいたあの頃の学園生活を思い出してもらえるように、パーティーの料理をみんなで作ることに!懐かしい味と共に蘇る過去の想い出に大満足の親たち。当時と同じ時間を過ごすからこそ、思い出も鮮明に蘇ります。

Chapter.5

想いの込もったプレゼント

食事が終わり、クライマックスは子どもたちからのプレゼント贈呈。渡されたのは「オリジナルロゴ入りのハンカチ」でした。子どもたちから「皆の輪を大切に、また旧交を温めて、もっともっと大きな輪を作っていきたい」と、ロゴに込められた想いが皆さんに伝えられます。

Epilogue

時は流れど、笑顔は変わらず

懐かしい過去の写真を引き伸ばした写真ボードの前で、それぞれに写真を撮る一同。赤いちゃんちゃんこを羽織り、昔と同じ構図で、同じ笑顔を浮かべながらも、確かに流れた時間を刻み込みます。最後に、還暦という節目を迎えた親たちに新しい未来への想いを語ってもらい、 会は幕を閉じるのでした。

他の事例