誰もが 大切な人へ
溢れるほどの愛情を
伝えられる世界をつくる

自分の大切な人に、心からの感謝や愛情、伝えられていますか?
恥ずかしがって、伝えないままで、いつか後悔しませんか?

Surprise Holic は、サプライズプロデュースチームです。
サプライズという演出方法で、あなたの想いをカタチにします。

私たちは、「サプライズ」というものを、
驚かす・びっくりさせるという意味ではなく、
「人を幸せにするシカケ」であると定義します。

なぜなら、サプライズは、
シカケられた本人だけが味わうことのできる、
唯一無二の感動体験だからです。

Surprise Holicがつくるのは、
本質的で、圧倒的にクオリティの高い幸せのシカケ。
そして、それはあなただけのストーリーを反映したものです。
あなただからこそ贈れる、あなたの大切な人にこそ伝わる演出。

それが世の中に溢れることで、
誰かにプレゼントを贈ろうと思うとき、
モノではなく、コト(演出)から考える人が増えるはず。

それは、モノのプレゼントよりも、
深く温かい想いのこもった、記憶に残るプレゼントになるはずです。

Surprise Holic は、人生のあらゆる場面で、
サプライズという幸せのシカケを使って、
心震える瞬間の中毒者(-Holic)を増やしていきます。

あなたも、大切なあの人へ、想いを伝えてみませんか?
それは、あなたにとっても、最高に幸せでワクワクする瞬間になるはずです。

メンバー紹介
    • Kensuke Uematsu
    • プロジェクトマネージャー

      植松 健佑(Kensuke Uematsu)

    • 学生時代よりダンス公演の舞台演出等を手がけ、前職リクルートでは、企業の魅力をヒアリングし、コンセプトをつくり、広告のメッセージに落とし込むというプロセスを経験。それを活かし、お客様のオリジナルな演出をゼロからつくり出している。

    • Kaoru Komiyama
    • ディレクター

      小見山 薫(Kaoru Komiyama)

    • 学生時代よりダンス公演の舞台演出等を手がけ、インストラクターなどの経験も持つ。前職DeNAではwebマーケティングの経験を積み、ターゲットに適切に届くメッセージづくりを経験。舞台のような感動を日常に生み出すため、ディレクターとして数々の演出を手がける。

    • Jun Honda
    • 脚本家 / ディレクター

      本田 潤(Jun Honda)

    • 国際基督教大学を卒業後、自らの劇団を立ち上げ活動。現在は、フリーの脚本家として、劇団への台本の提供や、映画制作などのプロジェクトに脚本家として関わる一面も持つ。全ての人が主役になれるオリジナルなストーリーづくりを、サプライズという舞台で実現している。

    • Hiroshi Ohaba
    • デザイナー

      大巾 博史(Hiroshi Ohaba)

    • 多摩美術大学卒業後、乃村工藝社にて空間のデザインを手がけるところからキャリアをスタートし、その後ウェディングデザイナーの道へ。一生に一度の感動的な瞬間における空間やアイテムなど、全てのデザインを担当。サプライズに用いるアイテムも、ウェディングのクオリティでアウトプットし、感動を生み出す。

    • Junko Maruyama
    • デザイナー

      丸山 純子(Junko Maruyama)

    • 雑誌編集・ペーパーアイテムデザインなど多彩なキャリアを経てウェディングデザイナーの道へ。女子会などのシーンでは女性らしい感性を活かした空間づくりを。男性から女性へのサプライズでは、女性が喜ぶデザインのご提案を。男性にも女性にも頼られる、万能デザイナー。

    • Nozomi Katsu
    • ディレクター

      勝 望美(Nozomi Katsu)

    • ドレスショップ仕込みのサービスセンスと、持ち前の明るいキャラクターで現場を盛り立てる。オリジナルウェディングの現場経験が豊富で、時間の無い中で万全の準備が求められるサプライズの現場でも、強い力を発揮する。